建プロショップはCAD・プレゼン・画像加工ソフト、樹木や花の素材、書籍など建築プロへのおすすめ商品を取り揃えています!

建プロショップとは?

ご購入ガイド お問い合わせ
カートを見る

1万円以上ご購入で送料無料

ようこそゲスト様

建プロショップはプレゼン・画像加工ソフト、書籍など建築プロのおすすめ商品を取り揃えています!

ようこそゲスト様

価格・ご購入

お問い合わせ

  • PCソフト
  • Shade3D ver.16

3DCGソフトで住宅パーツを自由に・思いのままに。
フォトリアルな3Dイメージやアニメーション、3D立体視映像から、3Dプリンター向けのモデルデータ作成まで幅広く対応した統合型3D作成ソフトです。
  • こんな方におすすめ
  • スタッフおすすめポイント
  • 商品紹介
  • 導入事例
  • 購入はこちら

こんな方におすすめ

オリジナルパーツの作成におススメです。

既存パーツだけでは物足りない…施主様の希望するパーツがない…建具をもっと意匠を凝らしたものにしたい…などという方におすすめです。
もちろんパーツ作成以外にもアニメーション、3D立体視映像から、3Dプリンター向けのモデルデータ作成まで幅広く対応しています。
レンダリングの美しさにも定評があります。

それに、累計50万本以上販売実績のある国産ソフトなので安心感も◎。

室内パース

使い分けることによって効率的に

3DCGソフトと言えばやはり「Shade3D」ですよね。
昔は「難しくて制作に時間がかかるソフト」というイメージがありましたが、最新版ではバージョンアップを重ねモデリングの効率が断然よくなり、短時間で作成できるように改良され、建築系の機能も追加されています。

ただ、住宅専用ではないので、住宅パースを1から作成するにはやはり時間がかかります。

CADソフトで作成したデータを「Shade3D」で読み込んで、3Dパースを作り込んだり、「Shade3D」でオリジナルパーツを作って、DXF経由で「3DマイホームデザイナーPRO」などのソフトに持ってくることもできるので、他のソフトと連携して使用すると便利です。

使い分けることによって効率的に

3DCGソフトと言えばやはり「Shade3D」ですよね。
昔は「難しくて制作に時間がかかるソフト」というイメージがありましたが、最新版ではバージョンアップを重ねモデリングの効率が断然よくなり、短時間で作成できるように改良され、建築系の機能も追加されています。

ただ、住宅専用ではないので、住宅パースを1から作成するにはやはり時間がかかります。

CADソフトで作成したデータを「Shade3D」で読み込んで、3Dパースを作り込んだり、「Shade3D」でオリジナルパーツを作って、DXF経由で「3DマイホームデザイナーPRO」などのソフトに持ってくることもできるので、他のソフトと連携して使用すると便利です。

商品紹介

思い通りに描ける「モデリング」

Shade 3Dには2種類のモデリング機能が搭載されています。
ベジェ曲線で描いた輪郭線から立体を作成する「自由曲面モデリング」と、球などの基本形状を徐々に変形しながら立体を作成する「ポリゴンモデリング」です。

「自由曲面モデリング」は、Adobe® Illustrator®のような操作感で滑らかな立体を作成することができます。
「ポリゴンモデリング」は、立体の面や頂点を押したり引いたりして編集しながら、3D形状を制作できます。

Shade 3Dなら両者を使い分けながら、思い通りの立体を描けます。

自由曲面・ポリゴン

2パターンのモデリング機能

美しいイメージを作り出す「レンダリング」

制作した3Dシーンをイメージにするレンダリング機能。
形状の質感やシーンに設定されたライトを的確にシミュレートすることで、非常に美しいイメージを作り出します。
Shade 3Dの高い表現力は、多くのユーザーから高い支持を得ています。

レンダリング形式の1つに、パストレーシングを採用。大域照明においても、自然な光の挙動を計算により再現します。
やわらかな光と影の表現が可能になるため、よりリアルなイメージ制作が可能です。

※最大レンダリングサイズ⇒Basic:2,500×2,500px Standard:4,500×4,500px Professional:22,528×22,528px以上(搭載メモリによる)

レンダリング

よりリアルなイメージを表現できるレンダリング © 中田雅章(株式会社デジタルユニオン)

作業に合わせてウインドウを切り替える

3D形状の入力から質感・照明・カメラの設定など、あらゆる編集作業に使用する「図形ウインドウ」。
3D形状の表示精度は簡易なワイヤーフレームだけでなく、テクスチャ、プレビューレンダリングなど、用途に合わせて自由に切り替えることができます。

図形ウインドウ

さまざまな角度から確認できる「図形ウインドウ」

切断面表示

図面上で形状の切断面を表示します。
ワイヤフレームやシェーディング表示での切断面の確認、切断面での形状の切断、切断面の抽出を行えます。

切断面表示

断面表示で形状を確認

クリックして測定できる

図面上をクリックして指定した位置の距離や角度を測定したり、ガイドとして使える補助線の作成などを行います。

正確なデザインが必要な作業や、3Dプリンタでの厚み確認を初めとしたワークフロー、CAM、デジファブ全般での測定作業を支援します。

クリックして測定

クリックして距離や角度を測定

ファイルの互換性

Shade 3Dは、OBJ、COLLADA、FBX(出力のみ)、Google SketchUp(入力のみ)など、3DCGソフトウエアで使われている主要なファイル形式に対応。

複数の3DCGソフトウエアを使ったワークフローの中でハブとしての機能を果たします。

Basic Standard Professional
Wavefront OBJ (OBJ)入出力
2D・3D DXF 入出力
STL 入出力
SketchUp入力 (32bitのみ)
HDR/OpenEXR 入出力
FBX 入出力
COLLADA 出力
PoserFusion 2(pz3,pzz 入力)
Photoshop(PSD)出力 -
BVH モーションファイル入力 - -
EPix 出力 - -
COLLADA 入力 - -
3ds max(3DS) 入出力 - -
LightWave 3D(LWO) 入出力 - -

リアルな表現が可能「表面材質」

Shade 3Dでは、3D形状に詳細な表面材質を設定することができます。

色、模様、凹凸などの特性だけではなく、光沢、反射、透明、屈折といった物質に関するパラメータも豊富なため、実在するかのようなリアルな表現が可能です。

表面材質の設定

光沢や屈折など細かな材質を設定することができる

ポリゴン数をなるべく削減して、データを軽くする

「ポリゴンリダクション」は、選択したポリゴンメッシュのポリゴンの数を元の形状をなるべく崩さないように削減する機能です。

ポリゴン数が増えすぎてしまった形状や、3Dスキャナで取り込んだ形状など、そのままではポリゴン数が多すぎて編集や出力が難しい形状も、ポリゴン数の少ない扱いやすい形状にできます。

ポリゴンリダクション

左 ポリゴンリダクション前 / 右 ポリゴンリダクション後

配光光源

光の加減によって、お部屋のイメージはまったく異なった表情を見せます。

IES配光データを使ったライティングに対応。実際の照明器具から出る光をリアルに再現することが可能です。
内観パースなどの制作時に、照明が照らす範囲や強さをシミュレーションできるため、より実物に近い表現ができます。

※この機能は「Professional」のみの機能です。
※IES(Illuminating Engineering Society)は、照明器具の空間に対しての配光情報のこと。照度シミュレーションが可能です。

配光光源

実際の照明器具から出る光をリアルに再現

導入事例
導入事例

初心者にも安心のソフト。美しい曲線のパーツを作成できる。

メガソフト株式会社 コンテンツ事業部 Y.Nさん

3DマイホームデザイナーPRO9 EXに収録されている家具や照明、エクステリアなどのパーツは、合計15,000点。
それらのパーツ制作に5年以上携わっているY.Nさんに「Shade 3D」を試してもらいました。

[ 続きを読む ]

3Dマイホームデザイナーでは作成できない曲線を作り込める。

3Dマイホームデザイナーに収録されていないオリジナルパーツを制作する場合は、『形状作成ツール』という機能を使って作成します。
形状作成ツールだと、滑らかな形を作成することは難しく、曲線を多様したソファ作成などは難しいもの。
そこで、「Shade 3D」を使ってパーツを制作したところ、美しい曲線のパーツを作成することができました。

操作に困った時は、たくさんの情報があるので安心。

3Dソフトは一般的に操作が難しく、他のソフトに乗り換えると「あれ?この操作はどこにあるの?」と迷うことも…。

その点「Shade 3D」は公式サイトやファンサイトなどに、チュートリアルがたくさん公開されているので、迷った時は解決策を探すことができます。

それにインターフェイスも使いやすく、アイコンやツールチップが分かりやすいので、何をどこで設定するのが感覚で分かるのもよい点だと思いました。

初心者の人でもとっつきやすいソフトですね。

Shade3D ver.16

3DCGソフトで住宅パーツを自由に・思いのままに。

Shade3D ver.16

フォトリアルな3Dイメージやアニメーション、3D立体視映像から、3Dプリンター向けのモデルデータ作成まで幅広く対応した統合型3D作成ソフトです。

※Shade 3D ver.16は「Basic」「Standard」「Professional」の3つのグレードがあります。
機能比較はグレード比較表をご確認ください。(主にはレンダリングサイズや入出力形式の違いとなります)

メーカー:株式会社Shade3D


価格・ご購入

  • ご利用ガイド
  • お届け・送料
  • 見積書の発行方法

ダウンロード

Basic

(Windows版)
9,180円

Standard

(Windows版)
35,694円

Professional

(Windows版)
71,928円

その他のオススメ商品

住宅・建築用プレゼンテーションソフト

3DマイホームデザイナーPRO9

販売価格(税込): 54,000~64,800 円

住宅・建築用プレゼンテーションソフトの最上位版

3DマイホームデザイナーPRO9 EX

販売価格(税込): 118,800~129,600 円

業界初の住宅リフォームプレゼンテーションソフト

3D住宅リフォームデザイナー2

販売価格(税込): 64,800~75,600 円

インテリアプレゼンテーションソフト

3DインテリアデザイナーNeo3

販売価格(税込): 73,440~84,240 円